アマゾンプライム

ひょんなことからアマゾンプライムを使わせてもらえる機会があったので、久しぶりにアニメを見まして。

主には見ようと思いつつ見たことのなかったアニメをいくつか見せてもらったんですけど。検索してるときに、昔のセーラームーンとか見つけて、こんな古い作品もあるんだなって、ついびっくりしてました。

ちなみに、私が見せてもらったのは、ゆるキャン結城友奈は勇者であるブラックラグーンあたりですね。あと、ヨルムンガンドオーバーロード2期まで見せてもらいました。

私の住んでるところではテレビが使えないので、アニメ見る機会がなくなってたんですけど、久しぶりに見て、やっぱり面白いなって思いました。


グラブル進捗

水古戦場が終わり、マナリアのイベントやってますね。次はレンジャーサインの復刻ですよね? あれは、お話が好きだったので楽しみです。

さて、前の記事の時から、いくつかやり遂げたことがありました。

まず、水古戦場の最中に、十天衆のウーノさんをお迎えしました。十天は、シスたそに頭目、ソーンさんに続いて4人目です。ソーンさんをお迎えしてから一年近くかかってしまったのは仕方ないこととはいえ、もう少し早くできる部分もあるかなと思うところです。ちなみに、次は、カトル君が目標です。

次が、アシュケロンを属性変更したことでグローリーが習得できました。グローリーは衣装が大変可愛い上にめっちゃ強いので楽しみにしてたので、習得できて大変嬉しいです。可愛いし強い。ただ、アシュケロンは、素材の都合でそのままである火にしてしまったので、その先のリディルにして使えるのか、これから調べないといけないんですよね。ちょっと不安です。

最後に、昨日のシュバマグで、ものすごく久しぶりにシュバ剣が落ちました。めちゃくちゃテンション上がりますね。光はソーンさんとかのキャラはいるものの、武器に関してはまだへっぽこの極みな感じなので、これから強くしたいなぁというところです。

火は、基本がマグナ3凸編成なので、これから4凸していこうかなと思ってます。フラムよりプロメテウスの方がいいとか聞くんですが、どっちがいいんでしょうね

逃げたい

最近になってきて、就職活動そのものから逃げたいと思うことが増えました。バリバリ現実逃避してますね。ついでに、働くことから逃げたいと思ってしまってます。

もっと大学生でいられたら良かったのに、と柄にもなく思います。面倒ではあるんですが、法律の勉強がそこまで嫌いじゃないし、あわよくば研究してみたいこと自体はあるんですよ。まあ、そうやって向き合うべき現実から逃避してるクズだから、就職活動上手くいかないんでしょうね。

元々、何かと向き合うのが苦手なんですよ。それには、自分が、自分のその時のやりたいことを優先してしまう(たとえば、本業を投げ打ってゲームする)性格みたいなのに、謎の自己に抱えてる「本気出せばなんとかなる」的な自分の矛盾が、この世で自分が一番嫌いなことがあるわけですが。そんなわけで、自分と向き合うとか辛すぎて、先に現実から目を背けます。私にはそんな勇気はないし、最後まで逃げていたいんですよね。

書き逃した

昨日は本気で寝落ちしました。

夜中の3時くらいに目が覚めたら、電気付けっ放しな上にタブレットやら本やらも置いたままな有様で「あー、これはダメなやつ」と思いながら片付けして、寝なおしました。

ちなみに、今日は面接なんですけどね、寝坊しました。間に合う気がしねえ。

びっくり

本日、成績が公開されました。

てっきり必修を落として5年生確定ルートだと思ってたんですが、不思議なことに全部の単位がとれてました。つまりフル単です。びっくりしました。そのうえ、その他の科目の成績もそこまで悪くないという衝撃の事実までついてきました。

あれなんでしょうか、4年生には、やはり先生方も気を遣うんでしょうか。もしも、それだとしたらとても申し訳ない気持ちが先立ちます。不勉強なのにお情けで単位を貰えたのかと思ったら情けなくて涙出そうです。辛さマックス。

しかし、これで残りの単位は後期の必修とゼミを残すのみになりました。逆に言えば、ここで就職先が定まらないと、就活浪人でニートになるルートがひらいてしまいます。その方がやばいです、どうしましょう。

続けること

頑張って続けてみようとひとまず書くことにしました。

続けることって大変難しいと思うんですよ。私には定期的に掃除をすることや片付けをするという習慣はありません。早起きとか大の苦手です。少なくとも、自分には習慣化できないことです。

私自身は、なにかを続けられる人というのは、それらを既に習慣化の過程にまで到達できているということで、本来は必要ないことを習慣化させるまでの苦労を考えると、大変すごいと思うんですよ。そのなにかが苦手や嫌いな事だとしたら当たり前にものすごいことですが、なにかが好きな事であるからすごくないというわけではないんです。その物事を習慣化という過程まで到達させたことがそもそも素晴らしいわけですし。そんなわけで、人を褒めるときには、出来る限り「その人には当たり前になっているが、目の前の私にとってはすごいこと」を探して褒められるようにしたいと思っています。

ちなみに、私は早起きできる人は本当に尊敬しています。私が目覚ましをかけた時間より早く起きることができるのは、ディズニーシーに行く日だけですし。

ただし、習慣化させることを強制的にしなさいと押し付けられても、できることと出来ないことがあると思っています。その人にとっての習慣化しやすいこととしにくいこと、当然に違いがあります。

周りの人には悪いと思います。でも、私は早起きや片付けを習慣化しろと言われても、それ含めいくつかのことは私にだってどうにも出来ないと思っています。たとえば、注意書きを書いた紙を貼ってもそれを見ることを忘れる、口頭で怒られたとしても数日でそもそも何を言っていたのか忘れてしまうなどなど。言われてもやらかしてきたことなんて、割とキリがないです。

そのために、どうしたって出来ないことというのは人との違いに過ぎないのだから、出来ないことは人に任せようと思ってます。

あと、自分にできていることだって、他人は出来るとは限らない時がある。これも忘れないようにしないとな、って思います。

ディズニーシー

今日は趣味ネタです。
ディズニーシーが好きです(唐突)
いや、本当に、ディズニーシーにハマってから、ほとんどディズニーランドの方に行ってないくらいに。ハロウィン始まったら行きたいです。
去年の1年、年パスとってましたが、行けたのは20回いかないくらい。本当はもっと行きたかったですけど、アルバイトしにくい大学生はとにかく懐に余裕がない。持病持ちのためにバイトは少しやりにくくて。本当、そこらへんはどうにかなるバイトとか探しておくべきだったと今になって反省。
ディズニーシーの魅力はいくつもあるんですが、私が一番好きなのは流れている曲。